FC2ブログ

宝くじが二回当たった女

2018June5.jpg
昨日の桃園。ツマ入院中🎵だか、明日からいよいよ始まるみたい
収穫から発送までもーれつに大変だけど😉 がんばれー


ツリのようなタイトルですが、そういう意味ではないですんで。

先日のブログで、古い友人から

「そんな主治医にめぐりあえるなんて、宝くじを当てたようなものだ」

といわれて、

そのせりふ、どこかで聞き覚えがある・・・・・と脳内サーチしたところ、
そうだ。妹でした。結婚の報告をしたときのこと。


「そんな男と結婚できるなんて、6億円の宝くじを当てたようなものだ」


と我が妹に、言われたんですね。
なんでそこまでいうか、今もって意味不明な部分もありますが、
うちのおっとには、
嫁だとか女だとかいう理由で、パートナーに役割を押し付ける根性が1mmもないことが露見したあるエピソードを話したときに言われたのでした。



つまり私はこの人生ですでに、宝くじが二回も当たってしまったらしいですよ。
すごいですねえ。わたし。


1億円以下の宝くじなら、これまでもちょこちょこ当ててます(笑

たとえばうちのしゅうと&しゅうとめは、農村の老人の見かけはしていますが
内容は都会の老人の平均より知的で、昔風の慣習に囚われてないし、考え方が自由です。
(ときどき訪問者にぼけたふりを見せるのは困ったものですが)
農村にあって、同居する義父母が、彼らのような人たち・・・というのは、
宝くじ5千万円を当てたようなものかと。

私が内布家以外の農村家庭に嫁していたら、オットがどういう人間であれ
うまくいった可能性は限りなく低い。周囲を見ていると感じます。
農家嫁として苦労した友人から「珍しい」「球磨にこんな老人はおらん」といわれるたび
当たった宝くじの大きさに感謝しています。


そんなことごとに気づいていた昨夜、
わたしがガンになったのも、道理かなあ、と思いました。


二人にひとりがガンになる時代とはいいますが、そのほとんどは高齢者。

53歳でガンになる確率なんて2%てなもんです
50歳以下の値ですがまあ一緒でしょう


私が2%のレートで当たりをひいたのは、
私だから、だなあと思いました。
なるべくしてなったなあと。


ほかの人だったら、もっといろいろ大変なんでしょう。
昨夜いろんな人の顔を思い浮かべて考えてみたら、
当たったのが私でよかったじゃないか、と思えました。


先月、今の主治医に私のこれまでのカルテを渡したところ、第一声が

「よくこれまでガマンしましたね」

ガマンってのは、これまでの病院のひどい仕打ちに対して? でしょう~~ひどいよね!

と思ってしまった私ですが、そうじゃなかった。

医師が言ったのは、そんな体でよくガマンしてましたね。でした。
つまり、病気が進んでいるので、痛かったりするんですね。
でも私、夫にも愚痴とか言う必要感じてませんでした。ガマンと思ってなかった。
正直いうと、ひとりで、部屋にこもって寝ているしかない日が何日も続くと、
ぽろろんと涙が出ている日はありましたけどね


そういう性格だからがんになる、なんていわれそうですが、
(ガンになる理由のほとんどは、遺伝子のコピーミスだってことを忘れないでくださいね 笑 
交通事故や天災と同じですよ 運ですよ )


ガンだガンだと大騒ぎできない、こういうわたしががんに当たっちゃった、
というのは、悪いことじゃないような気がします。


いい意味でも、悪い意味でも、宝くじが当たる女は、何回でも当たるんで
また大当たりが来るかも。
いい当たり悪い当たり、どちらもかもん


さあ
今年の桃も大当たりだといいなあ



桃、お米、お茶、紅茶、コチュジャンなどなどのご注文は

錦自然農園フルーツストア
スポンサーサイト

気持ちですね

ご近所の漢方医にかかっておりまして、
先日そこで言われたのが

「これで治らないわけがない、と思っているかどうかが大きいよ
漫然と飲むだけじゃなくて」

そうですよね
最近松野先生というプロポリスの研究者で自分で四期のがんを治した人の本を読んでいたら
同じこと言ってました。

薬や治療や施術が治すんじゃなくて、これが効く、と信じる気持ちが治すと。

とにかく、にがーーい薬を最近ふたつものんでます
ひとつはこの先生に調合してもらうもの
もうひとつは、お友達の料理人トビさんが自分で採取して干していたのをくれた
カワラヨモギ
めちゃ苦いですが、効いてる~~と思いながら飲んでます。

先のお医者さんはこうも言いました。

「あるすい臓がんの末期の人がね、手のほどこしようがないと医者にいわれたんで
ラスベガスにいって、思いっきり遊んで帰ってきたら、がんが消えてたって」

「あら私も最近ラスベガスいきましたよ。ラスベガスは趣味があわなかったけど、
行きたかった町(セドナ)にいる間だけ、ずっと調子がよかった」

「ほらー、そういうもんだよ」

「最近ちょっと調子悪いと思いながら、出かけることが続いていますが
行きがけの車の中でどろーーーんとしてるのに、人と会っているとどんどん元気になるんです。
なんでなんですか?」

「それはね」

「はい」

「人からエネルギーをもらってるんだよ。保育園の先生は子供のエネルギーもらうからやたら元気でしょう。
同じこと。これからは、人に会うときは、人にエネルギーもらいにいく、という気持ちででかけたら」

「はい。そうします」


元気がないとかあるとかって、自然の発生物のような気がしているけど、
私が思考の力を使って作り出しているかもしれません。

だってさっき、「桃の販売サイト」を今年はどうしようか、とちょこちょこ直していたら
それまでの不調が、新幹線のすばやさで飛んでいきました。

でもその気になってバチバチ、キーボード叩いてると、オットが玄関から入ってきて
「なにやってんの」と私を仕事から引き剥がしてしまいました。
ロミジュリならぬ、えみこと農園しごと。。。


昨日、 山川 紘矢さんのエッセイを読んでいました
(キンドルで無料だったので)

山川さん、
40代の働きざかりで重い喘息になり、それを病院にいかず治そうとしたので、
7年も仕事ができず、3年は日々発作で、親兄弟は葬式の覚悟をするほどだったそう。

でもその時期を経たからこそ、得られたその後の人生の大充実。
今では友人ががんになったと電話してきたら
「よかったね」
と口をついてでてしまうそう。
言われた相手はびっくりするそうですが。

思い出したのは、私も昔「がんかも」とオタオタして電話くれた友人に、
同じことを言ったことがありました。

私は自分に「よかったね」とまだ言ってあげてなかったと
昨日気がつきました

よかったね!!!



無農薬のお米や野菜やお茶や紅茶などなどがそろっている
錦自然農園フルーツストア

最近、シャーリーマクレーンノ「アウトオンアリム」を読み返して、
前読んだときよりさらにもっと、いい本だなあと思いました。
out on a limb
の意味は、木の先のほうに果実がなっていることが多いことからちなんだ格言で
人生の大切なもの(フルーツ)は、危険を冒してこそ得られるということ
錦自然農園にも、ちょっと冒険をしてでも手に入れたいほんものの実りが
たぶんある♪

ヒトのためより自分のために

お花見にいきました。
行きの車のなかでは「いくのやめる?」とかオットが言うほど体調微妙でしたが
友人たちの輪の中にすわるといつしか元気になり、
ビールまで飲んでいた

人からエネルギーもらうというの、リアルに感じました
もちよりの会だったのですが、オットが調理して塗りのお重にいれてもっていったのは、
「鹿のカツ」と「たらの芽の天ぷら」
ヨクデキマシタ☆
花がバラバラと振り落ちていくなかで、エンドレスのバカ笑い。いい時間でした

二次会のバーにも行き、いい音響設備で80年代ロック&ソウル&レゲエを聴いて幸せに浸ってました
するとそこにいたMちゃんから

「えみこさんが書いてること、わたしかたっぱしからやってます。
ザワークラウト、いいですねえ。腸の中身がぜんぶでてるってかんじ
ウォーキングも温泉いくのもすっかり習慣になったし、わたしはすっかりえみこさんみたい(笑)」

こうやって恥さらして書いているくせに、顔知ってる人には読まれたくないと思ってもいるので
ちょっと恥ずかしがっている私です。Mちゃんが言いました。

「やっぱり自分の体を病院に任せるってなんか違うって気がするし、
食べ物が体を作るんだから、毎日自分の食べるものが自分の未来を作るって気がするんですよー」

そうよね、おっしゃるとおり。
と、思いながら私はこんなことを言いました。

「最近、食べ物、ライフスタイル、心の三つが健康を作るっていうのを目にするけど、
私は心が5割以上、ひょっとしたら7割かも、ってそんなこと思うんだよね。

私が病気になったのって心の部分の原因がすごく大きい気がしてね」

いくらかの説明が必要かと思ったのに、Mちゃん、何も言わせず、大きくうなずきました。

「農園で働かせてもらっていたとき、お客さんに品物を送ることの責任を
えみこさん見て、痛感したんです。こんなにとは、思ってなかった。

たとえばお客さんから何かメールがくるでしょう。
知典さんは、『そういう人はいるんだから、ほっとけばいい。適当に返事しておけばいいよ』って
言うんだけど、えみこさんは
『そうかなあ、そういうことで本当にいいのかなあ』って言う。
お客さんへの向き合いかたが違うんですよ。

お昼ごはんが終わったらその瞬間パソコン、バチバチ打ちはじめて、
お客さんを友達みたいにだいじにするし

私は自分がこれ以上はやれないなって思ったら、自分から引いていくことの繰り返しだけど、
そういう引き方をえみこさん、しないでしょう」

よくみてましたねえ。

「べつの、うちで前働いていた男の人からも、
私が真剣に仕事しすしぎると、ダメだしされたことがあった(笑)
すごく心配して言ってくれたの。全身で仕事してるって
なんでわかるんですか、パソコン打ってるだけなのに」

「えみこさん、昔の仕事はそういうことでよかったのかもしれないけど、
こっちでは何もしなくてもよかったのかも(笑)」


前後の話を忘れてしまったのですが、そういう結論に。
私もそうだなあと思いました。

東京では私は、本当に、こどものように自由な気持ちで
「これおもしろい」というのをみつけて企画して、
ワクワクとプレゼンして、ウキウキと取材して、るんるんと(時に泣くほど苦しんで)書いていた。
多くの場合、一緒に仕事する人たちに恵まれて、すごく苦手なことをしないでよかった。
あまり仕事が忙しくなるので、「何のために仕事してるんだろ」と悩む時期があったけど、
「病気で入院している人がたまたま私の文章をよんで、早く元気になろう、外にでていこう」
と思えるものを書く、というモチベーションを発見してからは、悩みゼロ。

人を元気にするために仕事をしているというのが、大きな声ではいわないけど、
私の真ん中にどーんと通っている一本線でした。

親しい編集者に話すと「なに綺麗ごといってんだ」と吐き捨てるように言われたことも
「さっぱり意味がわからない」とキョトンとされたこともありましたが、
そんなことを言われることじたいが、不思議でならなかったでした。

農園でもそう。
お客さんが喜んでくれること、それが目的でプランがはじまる。
これやったらモウカル、という考えで企画したこと一度もなし。

でも最近になってようやく、自分のために仕事できないんだったら、仕事はしないほうがいいのでは?

という結論に落ち着きそうになっています。

人の幸せをつくるのに寄与したい、というのが起点にあると、
仕事は能力以上に廻ってくれるし
困ったことはいくらでも起こるけれど、いつも、ちゃんと助けがやってくる
これまでそうだったし、きっとこれからもそのはず。

ですが、

そういうことではなく、
そういうことではないのですね

わたしは極端に、自分のことどうでもいい、ってことになりがちって気づいたしだいです。

自分の体に対する愛着がなさすぎ。これ、この一年半でだいぶわかりました。
勇気があるって周囲によく言われてきたことと、関係あるかも。


数日前ですが
球磨郡五木村にある西日本で最も高いところからジャンプできるらしい
バンジージャンプのジャンプ台にいきました。

恐怖を少しも感じないのが不思議でした。みんな怖がっているのに。
そのあとに考えたのは、
自分の体にたいする愛着が低いせい? ということ。


もっともっと自分のために仕事しなくちゃ
そうでないなら、仕事やめなくちゃ


私の場合、仕事やめるほうがいいのかな。

ずっと、病気が治ったら、病気の経験を生かしてこんな仕事をしよう、とか考えていましたが
昨日はバーで、友人たちに、はじめて、仕事以外の
治ったらこれをする! を宣言しました

「わたし、治ったら、タイに遊びにいきます」

タイは何度も行ったけど、
ほとんどが仕事だったため高級リゾートばかり泊って、格安ヒッピー旅行をしたことないんですよねえ

数百円の宿にとまって、おいしいものたべまくりの一ヶ月をすごしたい
カンボジアとラオスをまわってもいいな
炭水化物で子豚のように太って帰ってこよう。


自分のために仕事したくなるまで、仕事をする願望は捨てます!!



仕事しない宣言しなくても仕事してないツマと
働きもののオットがやっている
錦自然農園フルーツストア

マクロビオティックの食養

22日に愛知食養村にいきました。

ここを主宰する伊藤誠先生は、70歳代ですが
40年以上前から、大森英櫻先生のもとでマクロビオティックを実践されてきました。

病気の人への食養の指導の歴史も長く、
全国で講演や指導、カウンセリングを行い、この分野で伊藤先生の右にでるものはないといわれます。

4月に福岡で講演されるのはわかっていましたが、待っていられないので、愛知へ行きました。
行ってよかったです。
そこで買い求めた冊子を読んでいるところです。

40年におよぶ伊藤先生の食養の歴史を総覧するというものではないのですが
まったく食養を知らないで突然おしかけた私の無知をかなり埋めてくれます。
冊子によりますと、

最近は、玄米が食べられない人が多いそうです。
それは炊き方の問題ではなく、体に異常があるから、という場合が多いようです。
異常というのは、
体が陽性に傾きすぎているという異常。

私は肉を取りすぎているという意識がなかったけど、
熊本にくるまでグルメなほうでしたので、家では肉料理しなくても外食では普通に・・・・
熊本にきて、肉卵の摂取が増えたのは否めません。
問題は、数十年単位の蓄積であらわれます。
肝臓や腎臓などの機能に問題があると、ますます陽性度が高くなり、
ほんの数週間前からですが、玄米が食べられない
ということになっている私です。

痛風などの問題がでているご主人に、
食でなんとかしなくては、と玄米食べさせようとしているが「食べようとしない」
という話をききますが、ご主人が食べないのは、「食べられない」からなんですね。

無理に食べさせるより、食事全体を減らし、少しずつ体を変えていくことが要なのでしょう。

がんは「陰性の病」と多くのウエブや本に書いてありますが、
それは人それぞれ、というしかないようです。
陽性のがんもあれば、陰性のがんもある。

玄米が食べられるなら、異常ではない、ということではもちろんありません。

長年治らず、不治とあきらめていた腰痛や背骨の病気、アレルギーや喘息、不妊やてんかん、
多動、自閉症、発達障害、がんなどなどが
主食をどうとるか(取らないほうがいい場合も)、
野菜をどうとるか(食べないほうがいい野菜も)、
水や塩をどうとるか、などの個人指導によって、
治ったケースが多く報告されています。

食養の目的は、自然治癒力、免疫力を上げることです。
食で血をきれいにする。

玄米菜食、というキーワードだけで、慢性病気を治すのは無理があると、
いまさらながら知ったしだいです。

遅きに失した感が強いですが、
このまま伊藤先生の話を聞かなかったら、うろうろし続けていたでしょうから、
とりあえず、あえてよかった!
引き続き食べる量を減らし、米と蕎麦は食べず、新たにうどんをラインナップに加え
いろいろやってみます

子供を持ちたい人は、早めに予約をとって行ったほうがいいのでは
と強く思ってしまいます

出産がスムーズになり、子育てが楽になる人が多いそうです。


無農薬のお米、野菜、お茶、はちみつは
錦自然農園フルーツストア

マクロビオティックと言霊

この3週間くらいだと思いますが、玄米が食べられなくなってきました。
口にいれると、紙を食べているようで。もう美味しくなくて・・・・

そのうち、白米もおいしくなくなってきました。
玄米ほどまずくはないのですが、口に入れると、かんでる間はがまんタイム・・・・
例外は混ぜごはん。この間友人Mが作ってくれたのはおいしかった。

コメを食べるのが苦痛だなんて、こんな経験はじめてです。
なにより、肉魚卵を制限しているのに、
お米が美味しくないとなると何を食べればいいのか?

逆に最近、食べたくて、食べている間、最高に幸せなのは、蕎麦です。

十割そばを家でも、外でもたまにいただくと、心からしあわせ・・・・
あと揚げ物もしあわせ・・・・

この極端な嗜好の変化は何を意味するのか、知りたくなってきました。
それ以上に、食べるものをどうやって選べばいいのか、わからないままでは生きていけない。

それで、突如、決めたのが名古屋行きです。
「あしたの飛行機とれました」
と予約を入れたのは、マクロビオティックの正食医学のカテゴリーに属する小牧市在住の
伊藤先生(愛知食用村・長生堂)。

私がご飯が急にまずくなったとこぼすのを心配した友人Kさんの紹介で、電話してみますと、
「体が極陽性になってるんだと思うけど、実際に診てみないと正確なことがいえないなあ」
とおっしゃるので、
「じゃいきます。飛行機とれたらまたお電話します」

初めて電話した日のせりふですから。
行動のすばやさ、自分の体で実験してみたがり精神はいつものこと。

「私すぎ」てすみません。呆れてください。
一度、ご近所で伊藤先生が講演会をされたときにお話を聞きましたが、とくに蒙を拓かれたわけではなく
マクロビに深い信を置いているわけでもありません。
まさか名古屋まで行くなんてね・・・・。

で、結果ですが。

非常に有益でした。
私がいちばん気にしているのは、出血が何ヶ月も続いていることだったのですが、

「電話で聞いたときはそりゃ、早くみないと、と思ったけどね、あなたは大丈夫。
断食したらすぐ治るんじゃないかな」

「断食をしたらたった二日でも体が元に戻るのに時間がかかってたいへんでした」

「本断食じゃなくて、こういうもの(一覧表を示して)食べながらの断食ね」

「ようは極端に食を減らすという考えで?」

「そうそう。おなかがすいてから食べる」

「だったら今もそうかなあ」

「水分を控えたら出血も止まるでしょう。
貧血はそんなにひどくないなあ。あなたのつめはこんなに赤いし、こんなに手があたたかい貧血はいません
陽性過多。あなたのしゃべり方も動き方もそうだね」

決断や行動の速さは、
陽性過多の特長だそうです。
じゃあ私、ずっと陽性過多じんせい?


「何が原因でそうなったんですか」

「ずっと前からの蓄積です。何十年分の肉と卵。腎臓と肝臓がしっかり働いていれば解毒できるけど
できてないから」

何を食べればいいのかのアドバイスを具体的に詳細に教えていただきました。
私の現在の体調へのおすすめは、よく調理した野菜と小麦粉だそう。

あららら
私グルテンフリー

とはもういいませんでした。

「蕎麦はダメ」

といわれてしまったので、食べるものがそこに行き着くことは自明だったので。

パンじゃなく、手打ちうどんとかほうとうとかが推奨食だそう。

「塩は自分がおいしいと思うところの量より、少しだけ少ないくらいで」

「私けっこう塩をとってますけど」

「だから、自分がおいしいと思う量より少し少ないくらい」

過去40年以上、自分の体を実験台にしながら、多くの体を健康に導いてきた伊藤先生のたたずまいは
淡々と飄々とたのしそうです。
少々えぐいかなと自分では思っている類の不調の説明をしても、少しも動じず同情もせず。

「先生は、本当にひどい状態のヒトには容赦ない言葉を使うから、先生が治るっていってるなら治るよ」

と一緒に名古屋まで行ってくれたKさんが言いました。

「あなた元気だもん」

と伊藤先生が何回も言うほど元気な私だったのですが、この元気度の高さに一番ビックリしていたのは、
実は当の私でした。

前日までは歩くのも、座っているのもしんどかったのです。
ウォーキングも15分で帰ってくるくらい。
なのに、名古屋に行った日は起床の直後から、劇的に体調が違いました。
理由は・・・・・・


この本にあると思っています。
この本の著者がすすめている呼吸法とコトバを繰り返すことを一日1~2時間くらい?やっただけで
状況がいっぺんしたのです。
最近、夜眠れないので二日ほど夜中に、呼吸法とコトバの繰り返しをしていました

名古屋にいくまでの間もついてからも、ずっとやっておりました。

本は、ブックオフで100円だったのでかなり前に購入しましたが
当時はそれほど真剣に読んでなかったのです。

小さな上下動をはさみながら、大局で見ると下り坂を転がってるかも
というかんじがして
克服するには、何を施術したとか何を食べた以前に、心の持ちようが大きい、
いや、それしかない、という確信が生まれるにいたり、
本棚から、その本を探し出して再読したのでした。

すると、前とまったく違って心に入るのです。
続編があると知ったので、もう絶版ですが古本で注文して読みますと、
続編のほうがいいかも。


名古屋では、綿密なスケジューリングの真逆で旅立ってしまったので、
超絶ドタバタ旅でした。
もう絶対絶命。間に合わない! というのを二回クリアして、奇跡のように無事帰り着きました。
この綱渡りには、涙のでそうな名古屋人の親切に出会えた奇跡がなければ無理でした。
この話はまた別の機会に・・・・


もともとコトバの波動には敏感なほうでしたが、
最近おもしろい経験をしました。

珍しく朝から元気だったので、これはイイネ!と、早朝ひとりで温泉にいこうと準備しました。
玄関で携帯にメールが入っているのに気づき

読みましたら、

かなり怒っている人からのメール。
何が書かれているのか意味不明なところもあり何度も読み返して、誤解があったのを理解したのですが、
まあ、しかたないと
淡々と返事を送信して
携帯を閉じたら・・・・
あらららら
もう歩けない。血圧急降下。ヨロヨロとお布団に帰っていきましたでした


コトバはスマホやPCから、無作為に飛んでくるので、
こころして、選んでいかないとだめなんだと、深く理解したできごとでした



無農薬のおこめ、やさい、はちみつ、お茶、紅茶などなどは
錦自然農園フルーツストア