FC2ブログ

安保徹氏が遺した「免疫」の罪

抗がん剤と麻薬系鎮痛剤と両方使っております。
おかげで痛みがほぼなくて、午後など本を読んでいるとねむくなってしまう。

わが主治医の押川先生は、

「薬を使う目的は、がんを忘れること」

といつもいいます。がんを忘れて、筋トレしなさい、せっせと動きなさい、と。
抗がん剤の副作用もなく、痛み止めのおかげでさしたる不調もない私ですが、
筋トレよりも、つい、こういう文章書くことについ時間を使ってしまう。
これじゃ病気になる前のパターンの踏襲。体使わないとだめだよーー。

2ヶ月前まで、抗がん剤と不適合だから病院に診てもらっても、やれることはないと信じてました。
そんな私が、押川先生に出会えて、薬をはじめたおかげで、今や天国です。
ご飯がおいしいし、今日もひとりで高速ぶっとばして鹿児島へいくし、
何より夫がたくさん笑うようになった!


「先生、麻薬の飲みすぎはよくないんですか」

あまり効いているものだから、心配になって質問したことがあります。

「(限度量を守れば)飲みすぎで悪くなるってことはないです」

麻薬系鎮痛剤の摂取量で寿命に差がないこと、依存性がないことは複数の研究で明らかにされています。

痛みを和らげる緩和療法は、死ぬ間際の療法だと世間に広く、強く信じられていますが、
そんなことはありません。
状態によっては早い時期から痛みが現れることもあります。
痛み止め(=緩和治療)は、そうした痛みに対しても行われます。

緩和治療を受けたいなら、病院にいけば、薬をもらうのは簡単です。
「治療しないけど、痛み止めだけください」といえばいい。

抗がん剤治療を受けている病院では緩和治療が受けられない病院があるそうですが、
別の病院で薬をもらえばいいだけ。

実際、毎日やってくる疼痛というのは、耐え難いものがあります。
じぶんの経験でいうと、
下ばかり向くからたるむし、しわが深くなり、しじゅう苦痛顔に固定されてどんどんブスになる。
歩くも大儀、動くも大儀、笑うとか、食べるとかムリムリムリ・・・・
この時期、遺書かいたし、葬儀のことをきめたし、遠方の友達が来クマすると聞いても、「その頃生きてるかどうかわかんない」とまず考えたし、それを相手に言っていいのか悩んだりして、よーするに頭のなかに前むきな考えが一切浮かびませんでした。

ところが痛みがなくなると、

「●●食べたい」「●●したい」「●●いきたい」「●●みたい」

が自動的に浮かび、考えているじぶんがいます。押川先生が

「薬の目的はがんを忘れること」

という言葉の意味が、言われてから何週間もたって思い出されたとき、「あ~これかあ」と腑に落ちました。
QOLの高い暮らしこそ、最高の薬です。

押川先生に尋ねたことがあります。

「先生はいつも、抗がん剤投与の目的は延命だっていうけど、
これまで先生の患者で、がんが治った人はいないんですか」

「いますよ。私だけじゃなく、学会なんかいくと、そういうケースがあったと報告する人は、けっこうこれまでいましたね」

「あら、じゃあ論文かいて発表すればいいじゃないですか」

「そういう時間が勤務医にはないんですよ。書いたところで給料が上がるわけじゃないですから」

「だから、抗がん剤でがんが治るって言い切る『病院』の医者がめったにいないんですね」

「本書くのは『クリニック』で代替医療している医者ばかりです。
たいてい節税対策で借金してクリニックつくるから本も宣伝も必要なんですよ」


標準治療でがんは治らない、といいきる医者がいるのは不思議なことではないですが、
代替治療(または自然療法)でがんが治る、と言い切る医者があまりに多いのは、私にはとても不思議に思えます。


だって治ってない人いっぱいいますから。
治った人はメディアにのる、治らず死んだ人はメディアにのらない。
それだけのことです。

治らなかった人は、高額な医療費を払いたくないから、当然受診をやめる。
受診をやめた人のその後を医者は追跡していないだけなのにもかかわらず、
「●●でがんが治る」と言い切り続ける。


「●●でがんが治る、と言う言葉じたいがいんちきの証明ですよ。
すべてのがんを網羅するたったひとつの治癒方法があるわけないでしょう」


と押川先生はいいますが、私も最近まで「がん」という名称がついているだけで
全部をひとからげに治してしまう方法ばかり目に入っていましたので、
そんなこといわれても・・・と思ったりしました。

がんをひとくくりにして、なんでも「治る」「治る」と連発する医師の代表例といえば
安保徹氏です。
がんの臨床経験はほとんどないのに、がんのスペシャリストであるかのように、
がんを治す独自の方法を何十冊という本と講演会で説きました。

2016年に亡くなられました。
新潟大学で「免疫」を研究していた安保氏が語っている免疫についての言葉を引用します。



安保 (自然療法と)二股かける人もいる。こっそり西洋医学の病院行って抗がん剤飲んだり、麻薬飲んだり。麻薬はね、すごい免疫抑制ですよ。絶対にいけない。

編集
 でも、医者からは痛みでストレスになるより、薬を使ったほうがいいといわれます。

安保  そこがみんなわかってない。(中略)がんとの戦いもね、血流をめいっぱい送って、それに伴う発熱、痛みは、出たら甘んじて受けるしかない。すると、熱が下がった後にね、サーッ!てガンが消えるんですよ。(中略)全身転移がある人だと、五~六回繰り返して治ります。

編集 えっ、痛みの後にガンが消えるんですか? 痛みはガンの進行の証拠だと思っていました。何が怖いって痛みの中で死ぬのが・・・・・・。

安保 痛み止めを使わなきゃそうはならないですよ。(中略)痛みがきたらむしろ「ありがとう!」「これで治る、やったー」てなもんですよ。(後略)

編集 痛いと何もやる気にならないし、気分も滅入りますしね。

安保 だからそれは副交感神経の反射で起こるんだから、リラックスの究極なわけ。横になって体を休めなさいということなんですよ。

編集 なんだか、目からうろこが。でも、とても納得できますね。

安保 (前略) がんが治ったという声をあっちこっちで聞くでしょう? もうガンは奇跡でもなんでもなく、当たり前に治る時代です

 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

安保 四か条(生活パターンを見直す、がんの恐怖心から逃れる、三大医療を受けない、入浴や爪もみで副交感神経を活性させる)きちんとやるとね、リンパ球が二十%まで下がった人も、だいたい三ヶ月くらいで(中略)三十%くらいまでたどり着くと、ガンが縮小しだす

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ガンの患者学研究所発行「いのちの田圃」(2002.10)より


自然療法の治癒例を集めた「いのちの田圃」のバックナンバーは読み物としてはたいそうおもしろく、
当ブログにそれを紹介したこともあります。
問題は、それをやっても私は治らなかったことです。


「今電話があったのは、大阪のお医者さんでね、大腸がんで肝転移。それが四か条やったら消えちゃったって」

と安保氏が語るような魔法は起こらなかった。


「メディアに出ているガンが自分のガンと同じケースということは、
99%ありませんから、あるガンがその方法で治ったからといって、
じぶんのガンに適用されるということは、まあほぼないです」


と押川先生は言いますので、治癒例の再現を夢見た私がものしらずだったのかもしれません。


安保氏のいう「四か条」は、いってみれば、多くのがん患者がやっているありふれたことですので、
私もたまたま安保氏の主張と重なっていることをしていました。
でも状況はよくなりませんでした。


自然療法だけを行いながら、苦痛の中で過ごす日々から解放されて、
今つくづく思うのは、
痛みを放置すればがんが治る、という主張を繰り返した安保氏の行いは犯罪的だということです。
もし、それを正しいと思っているなら、論文を書いて世界中の医師に教え拡げ、
より多くの人をがんの苦しみから救い出すことをなぜしなかったのか。
何十冊もの書籍を書く時間と全国を講演する時間があったんだからできたでしょうに。
これは近藤誠氏にもいえることですが。


ホスピス(緩和ケア病棟)に入院することで、
自然にがんが治ってしまったケースは、国内外で報告されています。

痛みから解放され、気持ちよく生活できるようになり、もう先はないと観念したのも精神的によい効果を与えたのでしょうか。

痛みがないという状態と、痛みに苦しむ状態が、どちらが人間的な状況か問うまでもありません。


標準治療、西洋医学は悪だと信じる人の駆け込み寺として、
自由診療のクリニックが機能していますが、そうしたクリニックの医師にも安保さんのシンパが多く、

「免疫を下げるからステロイドを使ってはいけない」
「麻薬系鎮痛剤を使うとリンパ球がすべて破壊される」

などと言う人がいるそうです。もちろんこれらに医学的根拠はありません。

状況がどんなに悪くなっても、免疫免疫といい続けて、入院させることはなく、
本当に患者が痛みにもだえ苦しみだした段階で、病院に放り投げる自由診療のクリニックがあるそう。
どんなに余命が厳しい段階になっても、一回30万円もする免疫治療を続けるクリニックも珍しくないらしいです。
詐欺という言葉では足りないことが行われていますが、患者と家族が安保さんの言葉を信じて
選んでいるのだから、誰も訴えることはできません。


「痛みは放置することで、治癒に向かう」

今もさまざまな場所で安保氏の言葉が、繰り返されています。
これらの言葉の発信者が病気であることはほぼなく、痛みの苦しみを知っているわけでもない。


「痛みがあるのをほっておくと、がんはどうなりますか」

押川先生に聞いてみました。

「ある日突然バクハツすることもあるかもしれませんね」


神経を圧迫するほどがんが大きくなっているという理由によって痛んでいるのかもしれないのに、
治癒反応だと信じて、お風呂に爪もみで治ると信じて、ただ寝ている。

あるいは

早く治療すれば、抗がん剤などが高い可能性で効くがん種でも、寝ているのが治療と信じて受診しない。


安保氏はすでになくなっており、
彼の言葉を信用しているブロガーたち、SNSの投稿者たちが
どんなに安保氏の意見を拡散しても、
それを信用して苦しみを増やした患者さんに責任をとる人はどこにもいません。


痛みをがまんして、寝ていればがんが消えると主張した安保徹氏。
がんは現代病ではなく、太古の昔からあった病気です
医学がここまで進み、痛みを緩和できるようになったのはこの十年ほどのこと。


医学の進歩が人を苦痛から救っています。


過去数百年、あるいは数万年で、
どれだけのヒト科生物が、がんの痛みに苦しみながら死んでいったか、
医学を学んだ彼でも知らなかったのでしょうか。


病気による痛みを我慢するしかすべがなかった長い長い暗黒の時代が終わり、
ようやくヒトは痛みをコントロールすることができるようになりました。
原始時代にとどまりたいならどうぞ、というしかありません。

免疫とつくだけで、なんとなく気持ちよくなってしまう日本人の「免疫好き」が、
高額でも、根拠が希薄でも、効果がなくても売れる「免疫ビジネス」の席巻につながっているのはあきらか。



また書きます。



後期の桃は7月後半から収穫開始予定。ただいま前期の桃を発送中です。
ご注文は

錦自然農園フルーツストア
スポンサーサイト

前期の桃の発送は、ほそぼそと続きます

今朝のブログの内容が午後になり、もうちょいよい方向に修正できるとわかりました。

正確にお伝えしますと、いつ発送できない状況になるかわからないということです。

量は減りますが発送は続きます。

ヒヨドリも美味しいものは分かるらしく収穫時期の桃からつついていきます。
人と鳥、どちらが先かということでしょうかね(笑)

もう送らないほうがよいと判断した時点でストップしますのでご理解のほどお願いいたします。

前期でお送りできなかった分につきましては、既にお伝えしているように後期の桃をお送りしますのでよろしくお願いします。

非常事態宣言! 「前期の桃」は終わりました。

悲しいお知らせです。


前期の桃は昨日でほぼ終わったことが、今日収穫にいってわかりました。
ご注文をいただいている人で、もう少しお送りできる人がいるようなので、
確実にダメになったら、個別にご連絡します。

複数回コースの方には、自動的に後期の桃の発送になることを最初にお伝えしていますので
ご連絡はいたしません。

ひよ(鳥)の被害が、かつてないほどひどく、

まともに収穫できる状態ではありません。

前期の桃でお送りできなかった方は、

7月10日以降(予測です)に収穫開始予定にしている「後期の桃」で対応させていただきます。

「後期の桃」の価格と変わりません。

後期の桃がはじまりしだい、「前期の桃」の方からお送りいたします。


ここまで鳥被害にあう理由?
わかりません。


たまに聞く、農薬をかけた直後に鳥がそれをつつくと、そのまま死んでしまうこともある
という桃園とは、だいぶ違うことを
鳥のネットワークで広がってしまったのでしょうか。


発送時期を指定いただくときに、いつも

「その頃、桃があるかどうかはっきりしないから、できたらこちらに任せてほしいなあ」

と思うのは、
こういうことが起こる可能性がいつもいつもあるからなのです。


ちよひめが今年はたいへんな豊作で、評価も高かったのに、
前期の後半指定というのがけっこう多くて、
いちばんいいときにそれをお送りできず、残念な思いをしながら・・・・・
(今年はJAにもずいぶん買ってもらいました)

今日のように、「すみません、もう送れないです」という結果を迎えてしまう。


自然のものは、常に「ある日突然シャッターが降りるように」
収穫がなくなる、というリスクがついまといます。

おいしい果物を送ってくれ

だけで任せていただけるのが、いちばんリスクのない果物の注文のしかた。

どうぞご理解をいただけますと幸いです。



後期の桃のご注文、無農薬のお米、紅茶、お茶、自然栽培じゃがいも、たまねぎは、

錦自然農園フルーツストア


がん治療をめぐる本当の真っ黒な闇 ②

もう30年も前の本になるんですね。
ノンフィクション作家・千葉敦子さんの名著
 『よく死ぬことは、よく生きることだ』(文芸春秋 1987)からの引用です。

30年たって
変わったのは、「民間療法」→「代替療法」「統合療法」となり格段に、イメージアップしたこと。
驚くほど変わってないのは、以下の太字の部分です。


「民間治療法の開発者は、たいてい既存の医学界とは関係ない、独立した研究者で、
勇気にあふれたカリスマの持ち主ということになっている。
中には医学博士号を持った人までいて、これが一番始末に悪い。
彼らは医学用語をゆがめて使い、
いかにももっともらしい説明をつけて説法するので、
素人はひっかかりやすいのだ」


「がんにかかった約半数は究極的には死ぬのが現状であるため、
それが民間療法の暗躍する土壌をつくっているようだ。
これらの多くは全くむだであり、大きな危険をも伴う。
このような治療に日本人が注いでいる無駄金の膨大さは想像を絶する。
がんがどういう病気であるか、
現代医学の提供する治療法がどういうものか、
を理解していない
場合が多い」


断っておきますが、
「代替療法」「統合療法」という言葉のすべてを否定するわけではありません。
今、がん患者の半数も死にません。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
がんがどういう病気かを
情報発信者も、患者も本当には理解していない。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



子供向けのがん教育が一部で始まったそうですが、
大人向けのがん教育は誰もしていない。
だから世のほとんどの人は本当には、がんを知らない。
私も知らなかったです。

がん発生の機序を知らないから、
食事でがんが予防できると信じられています。
喫煙が、がんの発生と因果関係があることは確定しているそうですが、
飲酒に関しては、一部のがんをのぞき、ほぼ確定というレベルで確定まではいってないそうです。

なぜいまだに、「飲酒」「農薬」「添加物」等とがんの因果を結論づけることができないのかというと、
がんの発生の機序(メカニズム)が完全にわかっているわけではないこともひとつ。
わかってないから治せない。


科学が進歩したといってもまだ、入り口をちょっと開けたところくらいまでしか
医学のことも、宇宙のことも、人類はわかってないということを
山中伸弥先生も、NHKで話していましたし、
多くの誠実な科学者が繰り返し言っていますが、
聞いている私たちは、つい忘れてしまいます。


アメリカ国立ガン研究所が発表した「デザイナーフーズ」のピラミッドを
見たことがありますか。

健康に興味がある人はよく知っているのでしょうけれど、
私はがんになってはじめて知りました。

これはがんを予防すると度合いの高い順にピラミッド化されているとしばしば誤解されています。
誤解を前提にして、健康本に掲載されているのを何十回も見ました。
医師が監修している本でもしかり。

がんがわからないのに、がんを予防できる食品が
そうそう簡単に、わかるわけがないじゃないですか。
とは誰も思わないようで。

このピラミッドが確かなら病院食はにんにくだらけ、ハーブだらけになりますよ。
だって早く治ってもらわないと、アメリカでも日本でも、
ガンの医療費で国費が圧迫されて困ってるんですから。

このピラミッドは、
研究論文が多く、効果が信頼できる度合いが高い順にピラミッド化されているそうです。
にんにくは、がん予防に効果が高い、からトップに近いところにあるのではなく、
がん予防に関する信頼できる研究がすでに多くなされており、
がんを予防できると信頼できる度合いが高いから、にんにくが上位にきているそうです。

食事で予防できることが医学的に証明されたのは、
今年4月に発表された「ナッツを食べることで大腸がんの再発が防げる」だけだそうです。

ブロッコリーも、胡麻も、フコイダンも、アガリスクも、ケトン食も、マクロビオティックも、玄米も、
がん予防への効果は医学的にエビデンスといえるレベルでは証明されていません。
上記が証明されていないのだから他の成分材料もしかり。


食事でがん予防できるとはっきりできないし、
食事でがんを治せるかどうかもはっきりできない
これが人類の現在地点です。


しかし、データやエビデンスとはべつに、
がんを食事で治したと主張する人は世界中にいます。
年間何十万人も新たに増えているがん患者の総数にすれば、とても少数であったにしても。

そういう人たちのことをどう思いますか、と
私の主治医の押川先生に聞いてみましたら、

「F1で優勝したのは、エンジンオイルを変えたからだと主張するようなもんですね」

エンジンオイルを変えたのは確かかもしれないけど、ほかにもたくさんの勝因が考えられるでしょう。
チームのメンバー構成、エンジン開発、車体開発、ドライバーの選択・・・・

からだというメカニックに備わる無限の要因を無視して、

「重曹にメープルシロップをいれて飲んだらがんが消えた」
「春うこんを飲んだら四ヶ月で四期の大腸がんが消えた」

というのは、体を知らないからいえるだけ?

F1のことなら、しろーとは黙ってろ、と怒られるからめったなことを皆言いませんが、
体のことになると、なぜかしろーとが「物知り顔」で断定したり発信しています。


いろんな事実があります。
玄米だけで、ニンジンジュースと減塩食で、●●というサプリで、飲尿で
がんを消した! という事実、あるいは主張。
こうしたことは、

予備校にいかず、1年の勉強で司法試験に受かった人がいる

という事実があることと似ているかもしれません。

代替療法と違って、
それを聞いて、自分にもできると発奮して勉強する人はあまりいないのですが。
苦痛と努力がともなうことに、人はそうそう手を出せません。

代替医療は、そこが違います。
レアな人の話でも、「やるのはタダだし、私もやってみよう」とすぐに思えます。
あるいは、「それくらいなら(お金)出せるかな」とトライアルに踏み出せます。
理由は、苦痛なくできるから。
積極的な人、行動的な人(わたし)ほど、すぐにやる。

時間とお金がふんだんにあるなら、
世の中にあふれる「これで治った」という例をすべて試すこともできます。


「標準医療が正しいと思っている人はなにかと、
エビデンスと信頼にたるデータであるかどうかが重要だというけれど、
そんなのどうでもいいじゃん。治った人がいる事実があるんだから!」

治る方法を探す患者と家族は、わりと、こんなふうに思いがち。


「●●大学の医学博士である●●教授がいいって言ってるんだから間違いない」

「ここに、ステージ●の●●がんだったのに、こんなに元気になったって体験談がいっぱいのってるし、
治癒例が、こんなにたくさんあるし、だいじょうぶ。信用できるね」


でもここで、がん患者と、これからガンになるかもしれない人、その家族なら、知らなくてはいけない事実があります。


切ればすぐ治るがんは別にして、
がんは広がり続けるのです。
ある時点まではゆっくりと。突破点を越えたらスピーディに。


いろんなことを試している時間はないのに、
患者も家族も、時間がないことを知りません。
元気でいられるのは、今のうちかもしれないのです。



ソースがハンパなネット情報や、
もしも効かなかったときに謝罪する気もない情報を

患者や家族に伝えてしまうと、
時間を無駄に使わせることにつながり、
それがときに、たいへんなデメリットになることを
知らない人が多いのは、どうなんでしょう。

子供のがん教育などしてる場合か。大人のガン教育を急げ、という声はあるそうですが、
病気になる前に病気のことを知りたい人が少数派であるということは大きい。
その点、ショッキングなネット情報のほうが、エンタメになる。
誤情報ほど広まりやすい。


それでも、がんを勉強しようという気になれば、
ネットに医療者向け治療ガイドラインが掲載されており、
誰でも読むことができます。医学生の読む本を本屋で買うこともできます。
それよりなにより、国立がん情報センターのウエブサイトはたいへん充実しており、
知りたいレベルに応じて答えてくれます。

アメリカではがんの患者に対して「質問すること」を義務化していると千葉敦子さんが書いていました。
質問するには、勉強しなければならない。
じぶんで薬局にいって抗がん剤を買おうと思える土壌はそこにあるのかもですね。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
がん患者ほど金離れのいい集団はいないことを
医療と健康食品に関わる人たちは知っている
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



がんになると、好むと好まざるにかかわらず、
さまざまなやりかたで繰り出される、一見して広告とみえないものも含む、
代替医療の広告の海を泳いでいることに気づかされます。

がん患者のみなさーん、ここでお金をつかいなさーい

呼び込みのお兄さんがひしめく目抜き通りを歩いているようなものです。
大手出版社から出されている書籍も、
ブログも、
実態は広告であることが多く、
フェイスブックももちろん、広告とは見えないように広告しています。


「がん」とタイトルについているブログや本が急速に増えている理由は、
法律で禁じられている「体験談」の紹介がしやすいからという一面もあります。
ブログでも体験談を出すのは本当はダメなんですけどね。
健康によい商品を販売する人にとって、

フェイスブックは体験談の温床になっていて、性善説で受け入れてかかると危険です
「わたし」というどこの誰かも知らない人の「体験談」がステマでない可能性はゼロではない。
「わたしはそれで治った」というリアルなコメントを、「へーそんなんだーー」と受け入れるのは
とってもデンジャラスです。


がん患者が
糖尿病や白内障や認知症やリューマチなどの患者たちと違うのは、

お金をたくさん使う

ところです。

ガン保険に入っていたら、最初の時期に百万円とか三百万円とか受け取っています。


不幸にしてそんな一時金がない(私のような)患者でも、
がんというだけで、お金の使い方が変わります。
チャレンジ好きですから・・・・
夫も海外国内からネットで取り寄せるから
ほとんど飲んでないサプリがうちにはいっぱいあります。
「もうぜったいにしないで」と厳命したのは最近のこと。
いくら使ったか計算する気はないですが、ビンボウな二人のふだんの金遣いとは
違う次元に夫婦で飛んでいってしまいました。

周囲に聞いてみても、

「がんと聞いて頭に血がのぼって1年で2百万円、サプリメントに使った」

という人がいてびっくりです。ふだん冷静沈着な、知的なお仕事の人なんですよ。


でも、これまでの見聞を総合すると、
ことがんに関しては、数百万使ったという人は、けっして少数派じゃないようです。

こんなにお金を使う集団がどこにいるでしょう。


ここには当然、魑魅魍魎がうようよと集い、
ゆがんだ構造が生まれます。



また続き書きます。
えぐいことかきたくないけど、
被害者が増えてほしくないし、助かる人は助かって欲しい。
私も押川先生に「エビデンスがない。効かないんじゃないですか」といわれた代替療法をやってます。
厚労省だってエビデンスがないからってすべてを否定したりしてません。
気持ちよく、楽しく、そこはかとなく(笑)効果を信じられるものをやってます。
問題はそこじゃないんです。


前期の桃はあと一週間で終わり、7月の最初の10日間ほど桃のない時期がきます
ご注文は
錦自然農園フルーツストア

がん治療をめぐる本当の真っ黒な闇 ①

2018June5_2.jpg
掘りたての無農薬・無肥料ジャガイモも、桃と一緒に発送中。
「大箱」だと送料関東で120円ほどプラス。「中箱」だと送料プラスなしです。



先月から病院に通い、抗がん剤をはじめとする薬の服用を1年半ぶりに再開。
なにが変わったって生活の質が劇的に上がりました。
仕事ができるし、自分で高速飛ばしてドライブできるし、何よりごはんが美味しいから
動ける、笑える、遊びにいける!

痛みと貧血が日増しにひどくなるのを自然療法でなんとかしようとさまざまな努力をしました。
何をやっても効果がでないのに、病院という選択肢にだけはたどり着けなかったのは、

術後補完療法という抗がん剤治療を1年半前に受けたら
副作用があまりにひどくて途中でやめた経緯から
じぶんには、薬が向かないのだと、思い込んでいたから。

でもそうじゃなかった。いろんなことを誤解していた。
この一ヶ月で急速にたくさんのことがわかりました。
何でこれまで誤解していたのかも含め、かいつまんでお知らせします。


「おじいちゃんは抗がん剤治療を受けなかった
おかげで、眠るように穏やかに亡くなりました」の間違い



抗がん剤治療を受けると死ぬまで苦しむという風説は、けっこう強固なものがあり、
いたるところでお目にかかります。
抗がん剤を受けなければ、末期が楽なのだとか。

実は私が抗がん剤を再開するにあたって、心配したのもここでした。
主治医の腫瘍内科医・押川勝太郎先生に聞いてみました。

「関係ありません。抗がん剤治療受けなければ延命できないというそれだけです」

何をいってんのか、わからない、という顔です。

「死ぬ間際には抗がん剤治療をしてはいけないというルールがあります。
医師がルールをあえて破るときは、家族や本人の強い希望があって続行するときです。
そのせいで最期まで苦しんだといえることはあるかもしれません。

痛みは薬で抑えることができるし、
それでも効かないときは意識をぼんやりさせるほうで処方しますから
死ぬ間際に患者が痛みで苦しむことはない。

たまに、譫妄状態に陥った患者さんが苦痛を訴えることがありますが、
本当に苦痛があるから言ってるわけではないことが多いんです。
それは専門医が判断できます。
あと、ときに患者の家族が、病気や死を受け入れられず、
意識をぼんやりさせるのを拒否することがあり、
そのために患者さんが無用に苦しまれたケースはあります」

抗がん剤と最期が苦しいかどうかは、因果関係がないという結論です。


抗がん剤は、十年あれば隔世の進化を遂げる
「母が抗がん剤で苦しんだから私はしない」の間違い



私の受けている抗がん剤は、吐き気や極度の下痢という副作用の可能性があります。
幸い、今のところ私にはどちらもない。

「吐き気は、脱毛と並んで最も有名な副作用ですから、
吐き気を抑える薬の開発がこの十年でものすごく進んだんです。
さまざまな方向から、吐き気を感じさせない薬を処方します。
ドラマや映画で吐き気で苦しむ患者の姿がなにかと描かれてますけどね、
あれは古いんです、もう」

下痢も、治療を受ける前に押川先生から聞いた話で、かなり身構えていましたが、
強烈にくることもあると聞いた下痢の副作用、ほぼありません。

「ウチヌノさんが使っている薬は、『悪魔の薬』と十年前、週刊誌に書かれました。
たくさんの人が副作用の下痢で亡くなったんです。腸閉塞で亡くなる人も多かったです。
その後、下痢を止める画期的な薬が開発されて、この薬は今のように使えるものになりました」

「新しい薬って怖いんですね」

「怖いですよ。治験はそれでもいい、っていう人が受けるんですよ」

薬は常に進化している。薬の使いかたが誤っていた、と数年の後にわかることもあるそう。

新薬の開発には、膨大な時間と大量の治験対象者の数と、それに必要な莫大なお金がかかる。
認可が出るかどうかは、効果があるかどうかはもちろんですが、副作用の問題も大きいよう。

そうやって一年一年、がん治療が牛歩の歩みで進化し続けているおかげで
2018年の患者である私は、安楽に暮らせています。


抗がん剤は苦しいものだ、という間違い


「最初のときも、オキサリプラチンを8割にしていたら、
そんなにきつくなかったんじゃないかと思うんですよね」

とある日、押川先生に言われました。

前回は1週間も抗がん剤をガマンできなかった私ですが、
規定量百%がキツイなら、耐えられる量まで減らしてみればよかったのに、いう意味です。
8割に減らすくらいはどんな頑迷な医師でも受け入れるはず。
ルールで決められているそうですから。

私は薬によって、70~100%のばらつきがある処方をしてもらっています。
副作用がないのは、そのせいも多いにあるし、
前の副作用の何がイヤだったかとか、押川先生と話し合う時間をもって今回の薬を決定したのもよかった。

「抗がん剤の第一目標は治療効果ではなく、『副作用対策』です。
きつくないようにその人に合った抗がん剤の調節を行った上で、
治療効果からがん症状緩和を狙うものです」

押川先生がしばしば言うのは、「副作用をガマンしすぎるのはよくない」です。
なぜなら、ガマンは続かないから。
とにかく投薬を続けることがだいじ。
効果を見ながら、薬を調整しながら、治療を続けられたら、
「抗がん剤でがんが治ることはないです」が、
「じわじわと延命の時間をのばしていき、判定勝ちに持ち込むことができます」

判定勝ちに持ち込むために、どういう薬をどういう量でどういうタイミングで処方するかが
腫瘍内科医の腕のみせどころでしょうか?


医者は性格が悪いから不親切、という間違い


押川先生の勤務先は宮崎県にあるベッド数百床ほどの小規模な病院。
私は熊本県で、大病院を三軒まわったあとで、この病院にたどり着きました。

やっと全幅の信頼をおける医師に出会えたと喜ぶ私は、
これまでの病院のワルクチをちょこちょこと機会あるごとしゃべったような気がします。
押川先生はもう聞き飽きているのでしょう。
全国に噴出する医者への不満に対し、彼がいつも言ってるであろうことを言われました。

「医者も会社員と同じです。時間内にどれだけ仕事をし、売上を作れるかでやっています。
面倒なことを言う患者には、あえていやな態度で病院を変えようと思わせる医者もいますよ」

(私、それをやられたかも!)

「日本に腫瘍内科医は1000人くらいしかいません。まったく足りないんです。
外科医が手術のあいまに抗がん剤を処方しているのがほとんどです。
時間がないから、一人ひとりにあった処方ができないんです」

「医者の対応に問題があるのは事実で、問題提議はされていますが、
解決を待っているよりも、患者が変わったほうが早い。

医者とのコミュニケーション法を書いた本も出ていますのでそれを読み、
じぶんの日々の記録をつけて受診時に提出し、意見を聞くなどして、
この患者は他の患者と違う対応をしなければいけないと思わせるんです。

飲んでいる薬の名前を全部覚えること、記録をつけることは基本中の基本です。
『先生にお任せします』は禁句です。
患者または家族がじぶんで考える姿勢がないと、どんな医師が相手でも、いい医療は受けられません」

「アメリカでは日本のように医師に対する不満が少ない。
なぜなら医療費が高いから、患者側も不満のある病院や医師を容赦しないんです。
当然、治療への参加意識が高いし、気に入らないならすぐ変えます。

医療費が高すぎてお金が払えない人は、医師に処方箋を書いてもらったらお金がかかるから
抗がん剤の名前を教えてもらって、それを薬局でじぶんで買って、じぶんで計って飲みます。
アメリカでは抗がん剤は、誰でも、町の薬局で買えるんです」


「アメリカでは抗がん剤を使わない」
「日本のがん死亡率は上昇し続けている」という間違い



アメリカで抗がん剤を薬局で買えるというのに、
アメリカでは抗がん剤を使わない、FDAは抗がん剤の使用を禁じている、
日本は抗がん剤の使用を製薬会社から押し付けられている
という話を信じている人がたくさんいます。
抗がん剤を使うから、
日本のがん死亡率は先進国のなかで唯一上昇し続けているという風説まであるそうです。


「アメリカで抗がん剤は使われていない」という嘘について」

「日本のがん死亡率は先進国のなかで唯一上昇している」の嘘 」



抗がん剤は、苦しい
抗がん剤は、患者を不幸にするだけ
抗がん剤は、陰謀により押し付けられている・・・・・・・・・・

どうしてこんな話が、ものすごい勢いで流布してしまったのでしょう。
ほとんど、狂信者のように信じている人もいます。

この一ヶ月で、理由がわかってしまいました。
そんなのあたりまえでしょ、今まで気づいてなかったの?
という人もいっぱいいると思いますが、
私のように、どうして「抗がん剤=悪」が広まったのかを知らない人もいると思うので、
次に書きます。



ただいま発送中!! 低農薬・無肥料桃のご注文は

錦自然農園フルーツストア

宝くじが二回当たった女

2018June5.jpg
昨日の桃園。ツマ入院中🎵だか、明日からいよいよ始まるみたい
収穫から発送までもーれつに大変だけど😉 がんばれー


ツリのようなタイトルですが、そういう意味ではないですんで。

先日のブログで、古い友人から

「そんな主治医にめぐりあえるなんて、宝くじを当てたようなものだ」

といわれて、

そのせりふ、どこかで聞き覚えがある・・・・・と脳内サーチしたところ、
そうだ。妹でした。結婚の報告をしたときのこと。


「そんな男と結婚できるなんて、6億円の宝くじを当てたようなものだ」


と我が妹に、言われたんですね。
なんでそこまでいうか、今もって意味不明な部分もありますが、
うちのおっとには、
嫁だとか女だとかいう理由で、パートナーに役割を押し付ける根性が1mmもないことが露見したあるエピソードを話したときに言われたのでした。



つまり私はこの人生ですでに、宝くじが二回も当たってしまったらしいですよ。
すごいですねえ。わたし。


1億円以下の宝くじなら、これまでもちょこちょこ当ててます(笑

たとえばうちのしゅうと&しゅうとめは、農村の老人の見かけはしていますが
内容は都会の老人の平均より知的で、昔風の慣習に囚われてないし、考え方が自由です。
(ときどき訪問者にぼけたふりを見せるのは困ったものですが)
農村にあって、同居する義父母が、彼らのような人たち・・・というのは、
宝くじ5千万円を当てたようなものかと。

私が内布家以外の農村家庭に嫁していたら、オットがどういう人間であれ
うまくいった可能性は限りなく低い。周囲を見ていると感じます。
農家嫁として苦労した友人から「珍しい」「球磨にこんな老人はおらん」といわれるたび
当たった宝くじの大きさに感謝しています。


そんなことごとに気づいていた昨夜、
わたしがガンになったのも、道理かなあ、と思いました。


二人にひとりがガンになる時代とはいいますが、そのほとんどは高齢者。

53歳でガンになる確率なんて2%てなもんです
50歳以下の値ですがまあ一緒でしょう


私が2%のレートで当たりをひいたのは、
私だから、だなあと思いました。
なるべくしてなったなあと。


ほかの人だったら、もっといろいろ大変なんでしょう。
昨夜いろんな人の顔を思い浮かべて考えてみたら、
当たったのが私でよかったじゃないか、と思えました。


先月、今の主治医に私のこれまでのカルテを渡したところ、第一声が

「よくこれまでガマンしましたね」

ガマンってのは、これまでの病院のひどい仕打ちに対して? でしょう~~ひどいよね!

と思ってしまった私ですが、そうじゃなかった。

医師が言ったのは、そんな体でよくガマンしてましたね。でした。
つまり、病気が進んでいるので、痛かったりするんですね。
でも私、夫にも愚痴とか言う必要感じてませんでした。ガマンと思ってなかった。
正直いうと、ひとりで、部屋にこもって寝ているしかない日が何日も続くと、
ぽろろんと涙が出ている日はありましたけどね


そういう性格だからがんになる、なんていわれそうですが、
(ガンになる理由のほとんどは、遺伝子のコピーミスだってことを忘れないでくださいね 笑 
交通事故や天災と同じですよ 運ですよ )


ガンだガンだと大騒ぎできない、こういうわたしががんに当たっちゃった、
というのは、悪いことじゃないような気がします。


いい意味でも、悪い意味でも、宝くじが当たる女は、何回でも当たるんで
また大当たりが来るかも。
いい当たり悪い当たり、どちらもかもん


さあ
今年の桃も大当たりだといいなあ



桃、お米、お茶、紅茶、コチュジャンなどなどのご注文は

錦自然農園フルーツストア

抗がん剤ライフふたたび

2017jun2.jpg
桃の発送は来週水曜日くらいからのような気がします。ご注文受付中!!


このところ週の半分は治療のため鹿児島に通っています(病院じゃないとこ)。
そこの奥様と昨日こんな会話を交わしました。


おく「抗がん剤やってるんですよねえ。でも前より元気になられたみたい」

わたし「でも私のはクスリが普通の人の半分の量なんで軽いんです」

おく「そんなことができるんですか」

わた「できない病院が多いと思いますけど、私の主治医はそれをやってくれるんです。
百%のもあるのですが、部分的に半量にしてもらって、副作用を軽くしてもらっているんです。
前に副作用があまりきつくてやめたことがあるので、
まずは続けることが目標で、生活の質を落とさないように様子を見ながら増やしていく予定です」

おく「いい病院ですね。宮崎っていってましたけど、どうやって探したんですか」

わた「それが覚えてないんです。ネットで探したんだけど、
探したっていうより、偶然みつけた、ってかんじのような」

おく「よかったですねえ。うちに来る人、病院にうんざりしてる人多いですよ。
病院なんか、医者なんかダメだって」

わた「本当にいいお医者さんで。はじめて主治医と呼びたい人に出会った気がします。
私、その先生が部屋に来てくれるだけで調子よくなるし、その先生の声聞くだけで、
それまで具合悪かったのに、よくなっていったりする。

頭でその人のことを信用しているとか好ましいとか思うより先に、
心がその人を信用しているんだろうと思います」

おく「それは本当にいい先生に出会えたんですねえ。お医者さん選びってだいじですよね。
みんながみんな同じなわけないですから。でもどうやって探したらいいか、みんなわからなくて
困っているんですよ」

わた「その先生って、まるで昔の町医者みたいなんですよ。
昔の、子供のころのお医者さんって、なんかそういう安心感をくれたじゃないですか。
患者のことを一番に考えてくれているっていう安心感。

私が病院から遠いとこに住んでるせいか、患者のみんなにそうなのか知りませんが、
メールで今日はどうですかとか聞いてくれたり、具合が悪いというと、
何度もメールくれて、しまいには電話かかってきたりする。

それで、症状にあわせてクスリをやめるとか、再開するとか指示くれるんです。
普通だったら、次の予約日までガマンしてるしかないことを、
この先生だと、ガマンしないで、どうすればいいか教えてもらえるんです。
空振りでもいいから、この程度で問題視していいかどうかに迷わなくていいって」

そこまで言ってくれるんです。
保険診療で大丈夫? って当初まじめに心配したほどです。
でもO先生によれば、抗がん剤を使う治療は本来そういうもの。

つまり、
① 患者さんひとりひとりの病状や副作用の出方によって増減していくのが基本。
② 患者さんを楽にしてあげるのが抗がん剤。副作用が苦しすぎるなら本末転倒。

このへんのことは先生の著書「孤独を克服するがん治療」に詳しいです。

先生のことは、5月27日と29日のブログにも書いています。
本のタイトル通り、先生にあえて私はやっと孤独じゃなくなりました。
ひとりで闘うものとあきらめていたのに、相談できるアイカタがいるってものすごいチカラになります。

ウォーキングも今日は久しぶりに1万歩以上歩けたし、
食欲もほぼ普通なみに戻りました。
抗がん剤の副作用はかなり軽くすんでいますが、ないわけではないので、
とにかく食に、一所懸命に取り組んでいます。

食欲がなくならないようにしなくちゃ! っていう努力。
油断するとすぐ痩せるんで。


最初はあまりがんばりすぎて、

「食べなくてもいいですよ」と先生に言われました。

言ってもらったというべきでしょうか。それ以後、前より食べられるようになったので。

こんなにも、
食に真剣になったことは、病気療養を始めてからもないし、その前もないです。

朝起きて最初に夫と交わす言葉は「おはよう」のあとに、

「今日何食べようか」

自分が何を食べたいか、心の声に真剣に耳をすませています。
何でもかんでもは食べられないんです。

たとえば蕎麦がおいしくないし、玄米も、味噌汁もことによっては食べられない。
味噌汁の具にあぶらあげが入りすぎてると、食べたくないし、
味噌が5年ものだけだと、食べたくなくて、若い味噌とブレンドの具合によって
食べられる量が変わります。

ごはんの炊き方も、ちょっと硬いと入らなくなってしまうので、
柔らかく、おいしく炊かないとダメ。

食べたいものなら、すごくたくさん食べるのですが
食べたくないものだと、まったく食べられない。
ただの超わがまま、といえばそうなんですけど。

ちょっと前まで具合の悪い日が多く、夫が食事の95%を作っていましたが、
オットが作るから食べられないのかも、とある日気づいて、
自分でがんばって作るようにしたら、おいしいからどんどん食べられるようになり、
食欲が日増しに増えていきました。
オットが料理下手という意味ではなく、自分でやると、とことん好みの味付けや調理法ができるという意味です。

というわけで、

何を食べたいのだ、私は? 

と毎朝真剣な問いかけを自分にしているのであります。

では毎日どんなもの食べているのか。
ある日の例をご紹介しますと、


朝>卵焼き、味噌汁、大根おろし、漬物、野菜、白飯・・・畑の大根と青菜たっぷり

昼>カルボナーラ・・・生クリーム、粉チーズ、ベーコン解禁!

夜>焼き餃子・・・畑で収穫したキャベツとニラがたっぷり、豚ミンチ入り



おいしくないと、全部残しになってしまう。
おいしくないのは私の感覚のせいかもしれないし、味つけに失敗したからなのかもしれない。
味覚に影響の少ないクスリを選んでもらっていますが、ゼロではないから。
どっちが原因にしても、まずいともう、食べられない~


先ほど、久しぶりに長いウォーキングをして帰ってきたらおなかがすいている気がして、

チーズをのせたトースト

を作って食べました。

うわあ、なんておいしいんだ・・・・

と生きていることに感謝したくなりました。

ブレッド&バター もスキだけど、とろけさせたチーズとの組み合わせも鉄板に好き。

乳製品を一年以上禁制にしていたのは、無駄なことだった。

さあ次は何を食べよう。

あ、そうだ。
石狩鍋の予定なんだわ。


オットの作ったじゃがいも、キャベツ、にんじん入り。
鮭はノルウエーものですけど。


昨日は、いつも百%おいしいウチの餃子が、イマイチだった。
私の感覚がおかしいのか、作り方の失敗かわかりません。
おっと? 彼はいつだって「おいしいよ」というので審判失格。

こういうふうに毎日料理を作ることができるなら、それも悪くないかも。
自分においしくたべてもらうための真剣勝負なんて、この人生ではじめてやってます。


言いたかないが、命をかけた真剣勝負ってヤツです 笑




桃やじゃがいものご注文は

錦自然農園フルーツストア