FC2ブログ

こっそりと

大きな声で言えないことをこっそりと。
うちでつくる太秋柿以外の太秋柿を口にしたのは、
この7年で3回くらい。
たまーーーーにそういう機会があります。

最近とてもまれなそういう機会がありまして。
毎回ビックリしてるかもしれないけど、久しぶりに驚き、書かずにいられないのです。
ゆるしてください。

とても驚きました。
その柿が農薬使っているのはわかっているので、ちゃんと洗って、皮をむいて
四等分にして、
ひとくち齧って・・・・

もう食べられなかった。

「なにこれ?」

とつぶやかずにいられずオットにいいました。

なんでこんなに、同じ品種なのに違うんだろう。

オットは驚かず、「こういうもんだ」と。
ショックでした。
品種としておいしいように作られた品種だから、それゆえ、うちのたいしゅうはおいしいんですよ
と繰り返してきました
過去に食べた太秋柿は、やはり、とてもまずかったけど、
たまたまそれがまずいんだろうと思ってました。

でもそういうわけじゃないかも。
品種が同じでも、おいしくないのと、おいしいのとありまして、それは生産者によって違います。
ってこと。
農薬も肥料も使わない。だから美味しい
農薬も肥料も使う。だからまずい
という意見は、ちょっと違うかもしれない。
じゃあ、じゃあ、なんで、こんなに、質感も香りも味もすべてが違うんだろう。

はてなマークがいっぱい転がっているのが農という場所で、誰もが知ってるようなことを断定的にいうけれど
ほんとは誰も何もしらないんです。

たくさん作れるつくり方をしているからまずくなる
乱暴な意見ですが、そういう部分はあると思います。
ちょっぴりしか作れないつくりかたをしているからこその味
というのがあるような気がします。

どちらが正しいとかではなく、どっちが趣味にあうかというくらいの話です

以上、ひとりごとでした。



高リスクの柿など作るから、シーズンオフもがんばって働かなくちゃ☆
水曜締切の野菜セット、石臼挽きのそば粉、無農薬の白菜、ねぎ、芋、お茶、紅茶などなどは
錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト