FC2ブログ

水素水生成器の普段のメンテナンス

aqua1.jpg

突然ですが園主です。

うちで使っている水素水生成器の普段のメンテナンスを簡単に紹介します。

メンテナンスの周期は経験的には1週間から3週間に1度行えばOKかと思います。

えらく期間に幅があります
この水素生成器にはマグネシウムという金属(ミネラル成分としてもよく知られています)が
水素を安定的に水中にとどめる役割を担っていて、
そのマグネシウムが、少しずつ溶けていきます(かなりの時間をかけてですが)。

溶けていく際に粉状のものが出ますので、それを掃除をしていきます。

使用初めやマグネシウムを新たに交換した初めのうちは粉の発生が少し多いようですので
1週間程度でチェックをかねてメンテナンスを行います

が、次第に粉の発生も少なくなるのでメンテナンスの期間を延ばしても大丈夫かと思います。

3週間ぶりのメンテナンスでした。最初は3,4日おきに。
使い始めから半年たった最近はこんなかんじです。


aqua2.jpg


電極をカバーするステンレス製の筒をはずします。


aqua3.jpg


電極の先端にあるマグネシウム金属が収まっているプラスチックのケースを取り外し


aqua4.jpg


ケースの内側に発生した粉状のものや、マグネシウム本体を
水で洗います。


aqua5.jpg

次に電極中心のステンレスの棒に付着した白い粉状のものを
歯ブラシなど柔らかめのブラシで軽くこすって落としていきます。


aqua6.jpg

ビーカーに水をはって、

その中にクエン酸を大さじ1杯溶かしいれます。


入れるのはクエン酸でなくてもいいと思いますが、
私がクエン酸を使う理由は、口に入れても大丈夫なことと
酸性ですので、電極などに残った不純物を溶かしてキレイにしてくれる期待からです。


aqua7.jpg


マグネシウムを入れるプラスチックのケースも一緒にビーカーに入れて洗浄してます。

この洗浄は寝る前にスタートして、
朝起きたら終了。

※注意!

マグネシウム金属は酸性中では溶けてしまうので、
この洗浄の際には取り外して別途保管してください。
(クエン酸水の中につけないでください)


メンテナンスもふくめ水素水担当です

飲むのは、家族全員ですが、いちばん量を飲んでいるのは母と私です。

ツマと父は、もう少し飲んだらいいと思いますが
寒いし、ま、いいですが。


今度の旅行にも、この機械はもっていきます。
正直、これなしでは、日常の疲れかたが違うので、手放せないのです。


しかし母も、水素水なしの生活は、考えられないようになっている。この間をどうするか。
一応考えはあります。実行するかどうか、考え中。



関連記事
スポンサーサイト