FC2ブログ

アメリカをキャンピングカーで旅するのはけっこう安い②

PANO_20171201_143324.jpg今日の写真は、すべてセドナで。撮影byおっと


今回の旅には、夫婦とも
過去最大級にたくさん荷物持って旅立ちました。


いったい何をもっていったんだと思います? 

旅に持っていってよかったものベスト5!

IMG_20171202_133430.jpg


第一位!
ヘルメット潜水の湯たんぽ

これはお客様から以前贈られて、すばらしいのでさらに買い足して毎日使ってます。
潜水服用の生地を使った湯たんぽ。軽くて温かくて最高です。
アリゾナでの氷点下ナイトでは、一人一個ずつ抱きしめて眠りました。
これがなかったら凍えてました。ヘルメットありがとう!

IMG_20171203_072940.jpg

第二位!
コーヒーミル

旅に出る直前まで禁コーヒーだったのに、直前から再び飲むようになったので
ミルとフィルター等を持って行きました。

寒くて狭くて暗くて・・・キャンピングカーの朝はちょっと不幸なんですが、
オットがコーヒーのはいったマグカップをもって、ベッドに持ってきてくれるたび、
結婚してよかったよーーと思ってました。

PANO_20171203_102940.jpg


第三位!
圧力鍋

調理時間はなるべく短くしたい。だって車に積んでいるガスの容量には限りがあるんだもん。
(ガスは車内の暖房とコンロに使われます)

毎日この鍋で「ごはん」「おかず」「野菜スープ」を作ってくれました。
それぞれ火を入れる時間が最短ですむからひとつの鍋を使いまわすことができます。
小川さんの米を日本から持ってきてよかったね、と旅の間、最低3回はオットが言いました。

IMG_20171203_102800.jpg

第四位!
味噌

ごぼうでおなじみの(野菜セットのお客様には)本坊さんの3年ものの味噌を持っていきました。
野菜スティックにつけたり、ごはんにつけたり、スープにいれたり(味噌汁っていえ)
本坊さんの味噌を持ってきてよかったね、と旅の間、最低2回はオットが言いました。

IMG_20171205_111952.jpg


第五位!
水素水つくる機械

これはコーヒーメーカーくらいの大きさがあるので、スーツケースの中での存在感はかなりのものでした。
でもこれがあってよかったというのは、旅に出てから日がたつほどあきらかに。
つまり、疲れが少ないのです。
毎日セドナの岩を3時間あるくか、車で数百キロ移動するかしていれば、通常疲れるだろうと思うのに
翌日には前日のハードな動きをすべて忘れたかのように、またまたハードに動いていました。
もっとゆっくり旅すればいいのに、と自分たちで突っ込みを入れるくらい
ふだんよりもハードに動いてましたねえ。
疲れがたまってないので、帰国後もすぐに日常に戻れたし、ヒトから
「全然旅の疲れが見えないね」とも言われたのは、
活性酸素を日々除去して、乳酸のたまらない生活をしていたからかなあ、と思いました。

PANO_20171204_162510.jpg

次点
●お箸・・・・・・・料理作るにも食べるにも、必須でした。
●アーミーナイフ・・・・おっとが常に持ち歩き、「お箸忘れた」といえば、小枝から切り出してくれたりして、彼の分身のように30年近く使っているものがあったのですが、今回なんと旅の最後に、手持ち荷物のバックの中に入れているのを忘れて飛行場の荷物検査の列に並んでしまい、没収。お別れ後、しばらく落ち込んでました(泣)
●英文で書かれた名詞・・・・旅の必須だと考えるのはどこでも誰でも興味もった相手には話しかける習癖のあるツマで、オットにそれはない。名刺のかわりに小さなカードでもあると、いろんな意味で便利です。



無農薬のお茶と紅茶とお米とお豆と野菜とコチュジャン・・・・・

錦自然農園フルーツストア

関連記事
スポンサーサイト