FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビオティックと言霊

この3週間くらいだと思いますが、玄米が食べられなくなってきました。
口にいれると、紙を食べているようで。もう美味しくなくて・・・・

そのうち、白米もおいしくなくなってきました。
玄米ほどまずくはないのですが、口に入れると、かんでる間はがまんタイム・・・・
例外は混ぜごはん。この間友人Mが作ってくれたのはおいしかった。

コメを食べるのが苦痛だなんて、こんな経験はじめてです。
なにより、肉魚卵を制限しているのに、
お米が美味しくないとなると何を食べればいいのか?

逆に最近、食べたくて、食べている間、最高に幸せなのは、蕎麦です。

十割そばを家でも、外でもたまにいただくと、心からしあわせ・・・・
あと揚げ物もしあわせ・・・・

この極端な嗜好の変化は何を意味するのか、知りたくなってきました。
それ以上に、食べるものをどうやって選べばいいのか、わからないままでは生きていけない。

それで、突如、決めたのが名古屋行きです。
「あしたの飛行機とれました」
と予約を入れたのは、マクロビオティックの正食医学のカテゴリーに属する小牧市在住の
伊藤先生(愛知食用村・長生堂)。

私がご飯が急にまずくなったとこぼすのを心配した友人Kさんの紹介で、電話してみますと、
「体が極陽性になってるんだと思うけど、実際に診てみないと正確なことがいえないなあ」
とおっしゃるので、
「じゃいきます。飛行機とれたらまたお電話します」

初めて電話した日のせりふですから。
行動のすばやさ、自分の体で実験してみたがり精神はいつものこと。

「私すぎ」てすみません。呆れてください。
一度、ご近所で伊藤先生が講演会をされたときにお話を聞きましたが、とくに蒙を拓かれたわけではなく
マクロビに深い信を置いているわけでもありません。
まさか名古屋まで行くなんてね・・・・。

で、結果ですが。

非常に有益でした。
私がいちばん気にしているのは、出血が何ヶ月も続いていることだったのですが、

「電話で聞いたときはそりゃ、早くみないと、と思ったけどね、あなたは大丈夫。
断食したらすぐ治るんじゃないかな」

「断食をしたらたった二日でも体が元に戻るのに時間がかかってたいへんでした」

「本断食じゃなくて、こういうもの(一覧表を示して)食べながらの断食ね」

「ようは極端に食を減らすという考えで?」

「そうそう。おなかがすいてから食べる」

「だったら今もそうかなあ」

「水分を控えたら出血も止まるでしょう。
貧血はそんなにひどくないなあ。あなたのつめはこんなに赤いし、こんなに手があたたかい貧血はいません
陽性過多。あなたのしゃべり方も動き方もそうだね」

決断や行動の速さは、
陽性過多の特長だそうです。
じゃあ私、ずっと陽性過多じんせい?


「何が原因でそうなったんですか」

「ずっと前からの蓄積です。何十年分の肉と卵。腎臓と肝臓がしっかり働いていれば解毒できるけど
できてないから」

何を食べればいいのかのアドバイスを具体的に詳細に教えていただきました。
私の現在の体調へのおすすめは、よく調理した野菜と小麦粉だそう。

あららら
私グルテンフリー

とはもういいませんでした。

「蕎麦はダメ」

といわれてしまったので、食べるものがそこに行き着くことは自明だったので。

パンじゃなく、手打ちうどんとかほうとうとかが推奨食だそう。

「塩は自分がおいしいと思うところの量より、少しだけ少ないくらいで」

「私けっこう塩をとってますけど」

「だから、自分がおいしいと思う量より少し少ないくらい」

過去40年以上、自分の体を実験台にしながら、多くの体を健康に導いてきた伊藤先生のたたずまいは
淡々と飄々とたのしそうです。
少々えぐいかなと自分では思っている類の不調の説明をしても、少しも動じず同情もせず。

「先生は、本当にひどい状態のヒトには容赦ない言葉を使うから、先生が治るっていってるなら治るよ」

と一緒に名古屋まで行ってくれたKさんが言いました。

「あなた元気だもん」

と伊藤先生が何回も言うほど元気な私だったのですが、この元気度の高さに一番ビックリしていたのは、
実は当の私でした。

前日までは歩くのも、座っているのもしんどかったのです。
ウォーキングも15分で帰ってくるくらい。
なのに、名古屋に行った日は起床の直後から、劇的に体調が違いました。
理由は・・・・・・


この本にあると思っています。
この本の著者がすすめている呼吸法とコトバを繰り返すことを一日1~2時間くらい?やっただけで
状況がいっぺんしたのです。
最近、夜眠れないので二日ほど夜中に、呼吸法とコトバの繰り返しをしていました

名古屋にいくまでの間もついてからも、ずっとやっておりました。

本は、ブックオフで100円だったのでかなり前に購入しましたが
当時はそれほど真剣に読んでなかったのです。

小さな上下動をはさみながら、大局で見ると下り坂を転がってるかも
というかんじがして
克服するには、何を施術したとか何を食べた以前に、心の持ちようが大きい、
いや、それしかない、という確信が生まれるにいたり、
本棚から、その本を探し出して再読したのでした。

すると、前とまったく違って心に入るのです。
続編があると知ったので、もう絶版ですが古本で注文して読みますと、
続編のほうがいいかも。


名古屋では、綿密なスケジューリングの真逆で旅立ってしまったので、
超絶ドタバタ旅でした。
もう絶対絶命。間に合わない! というのを二回クリアして、奇跡のように無事帰り着きました。
この綱渡りには、涙のでそうな名古屋人の親切に出会えた奇跡がなければ無理でした。
この話はまた別の機会に・・・・


もともとコトバの波動には敏感なほうでしたが、
最近おもしろい経験をしました。

珍しく朝から元気だったので、これはイイネ!と、早朝ひとりで温泉にいこうと準備しました。
玄関で携帯にメールが入っているのに気づき

読みましたら、

かなり怒っている人からのメール。
何が書かれているのか意味不明なところもあり何度も読み返して、誤解があったのを理解したのですが、
まあ、しかたないと
淡々と返事を送信して
携帯を閉じたら・・・・
あらららら
もう歩けない。血圧急降下。ヨロヨロとお布団に帰っていきましたでした


コトバはスマホやPCから、無作為に飛んでくるので、
こころして、選んでいかないとだめなんだと、深く理解したできごとでした



無農薬のおこめ、やさい、はちみつ、お茶、紅茶などなどは
錦自然農園フルーツストア


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。