FC2ブログ

農家のいろいろ

和歌山の片山さんがきてくださって、いろいろおしゃべりしました。

特にオットは、ふだんの寡黙さとうってかわって、
ほとんどひとりでしゃべっているように見えるほどでした(笑)

アマチュア噺家さんでもある片山さんは、話し上手なのはもちろんですが、
ハイレベルで聞き上手でもあると、あらためて認識しました。

無農薬・無肥料をできるかぎり追求して果樹をつくるという共通点だけでなく、
同じ剪定方法を採用して、同じように大失敗した共通の過去をもつわれらは、
農業に対する考え方も、抱えている課題もやはり共通しているのでした

課題のひとつは

果樹を、農薬も肥料もけちって栽培し、さらに完熟収穫するのは、
率の悪さからどうしても逃れられないということ。

何年たっても上手になったとか、ベテランの域に達したとか、思いにくい。
さらに加えて、
近年の異常気象は、ワイドショーのニュースにならないレベルでも、農家をしばしば悩ませています。

少しでもよくできるよう願い続け、求め続けるだけ。
一生、満足するってことがないんだろうね、とオットは言っています。

率の悪さは、儲けの低さに直結です。
価格を上げればいい、とよくお客さんたちに言われます。

いちご一粒500円にしたって買うヒトはいる世の中ですもんね。
でもお客さんとは、愛しあってる関係でいたいんです。

そんな金額を介して本当にお互いに愛し合えるのか。

価格をあげるより、生産性を上げることで率をよくしたいなあ。
でも・・・農薬や肥料で生産性をあげるのを片山&内布は、求めてないし・・・・・・・・

農薬や肥料をやらない農法が至上であるとか、それを守るのが大儀であるとか、
両者とも、思っておりません。絶対的に。
思ってないけど・・・・・行動がなかなかそこにいかない。

まよいは尽きず、永久の欲求不満ループです。

農薬肥料削減派の農家は、ハネモノ(売り物にならない不良果実)を
加工にまわすことでなんとか回っている・・・・ところが多いようですが、
うちは加工先をもっていないので、弱いですねえ


もうひとつの、片山&内布の共通のなやみは、
働きすぎること。


お手伝いを頼んでも限界があり、ものすごい量の仕事量がいつも積み上げられています。
休むことを義務付けないと、ずっと働いてしまう。

機械で合理化できるところはできるかぎりして、
どうしてもできないところを丁寧に。
休む時間をつくらなくちゃ。

そうはいうけど・・・・・・
ヒトがみつからない。
(誰かうちで働きたい人、少しの時間でけっこうですので働いてくれませんか)


大産地では、早めに収穫し、カチカチの桃をベルトにのせてごろごろ運んでいくそうですが、
われらのフルーツは、こういうことができないから、人間の手ができるスピードでしか
仕事ができない。
効率化をはかったとしても、その限界がすぐにくるんですね。

問題点は結局、
こういう人間ペースで作られたフルーツを食べたい人が
未来にどれだけいるか、ということかもしれませんね


価格を上げるよりも、農薬・肥料を増やすほうがいい、と思っているのは私だけ。
増やすといったってべらぼうに増やすわけじゃない。
自分たちが散布して健康被害にあわず、食べておいしいレベル。
熱帯雨林気候にかぎりなく近い昨今の日本では、ムノーヤク賛歌だけではダメなこともあると思います



今年の桃の収穫期まで、あとたった二ヶ月です。
ご注文受付は5月からです。




錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト