FC2ブログ

桃の収穫期が近づいてきましたね

2017Apr11_2.jpg

去年の今の写真です。不精してしまいました。

今年は15日から桃のご注文受付を始めさせていただく予定です。

発送は6月なのでまだだいぶ先ですが、ゆっくり発送準備をさせていただきたく、早めにします。

以前お客様から

「錦さんは以前より買いにくくなった。注文したいと思ったらもうなくなっていることが多い。
有名になったからでしょうね」

というようなメールをいただきましたが、
それは方向違いでして
生産量が少ないというだけです。

6月までに注文してくださるとたぶん間違いなく大丈夫。

7月以降は、気象の異常にいじめられて、送れるはずが送れません、すみません~~
ということが増えていきます。

無農薬に限りなく近く
肥料をやらない
これだけで生産高は思い切り低くなります。

うちはそのうえ、完熟収穫ですから、そのうえにも、うえにも、さらに、生産量が少なくなるのです。

完熟収穫をうたうところは時々見かけますが
完熟というコトバの意味が、農家によって違うようで、
うちほどバカまじめに完熟にしてから送っているところはないんじゃないか、ということが
最近わかってきました。


完熟桃だからおいしいといえるのですが、
ときには送りなおしが必要だとお客様に判断されることもあります。
それが去年はすごく多くて
生産量が少ないのにさらに少なくなってしまう原因になったと思えるほどでした。
理由はここに書いています


収穫タイミングを少しだけ早くしてね

とおっとにいってますけど、どこまでできるかわかりません。


世の中の桃のほとんどは、早くちぎりすぎることで、美しい見掛けが長持ちできるようになっています。
高級桃であれ、安い桃であれ、そこはあまり変わらないようです。

早くちぎると、美しいので、お金を払うに値するという感覚が支払う側にむんむんとわいてきます。

でも完熟まで待つと、食べるときには、茶変した部分が多かったりするんです。
去年なんかは糖度が高すぎて、それがとても多かった。
そういうことは、クレームの対象になりやすいんですよね。
お金を払うに値しないという感覚が、茶変した桃を見ると、むんむんとわいてきます?

でもそういう桃でもおいしいんですよ。
茶色いのは苦味になるところが、多くの桃ですが、うちのは甘いから茶色くなるんですよね

でもね、そんなこといったって、
はやちぎりした桃の美しさこそが、桃の魅力だと思っているヒトには、
うちの桃は、魅力の乏しい桃になってしまいます。


今年は、桃の季節になっても
ツマはいっさい、電話にも出ないで、メールにも、返事などしないでいいし、
収穫や発送の手伝いはしないように、という厳命を受けております。

桃のことでへんな心配もいっさいしないように
といわれても

・・・・するよね


野菜セットの発送をもうおしまいにする、とおっとが言い始めております。
しょうがないかなあと思うところもあります。
もともと、ツマがはじめたプロジェクト
少しずつ参加してくださる農薬を使わない農家さんとのつながりを作り
お客さんを少しずつ増やして
やってきました。

私の現場復帰がないとすると
もともとの前提が無になるわけで
やらなくていいんじゃない? とおっと。


それも、さびしいなあ

1年間いいときも悪いときもあるけど、野菜を一生懸命集めて
お客さんが美味しかったといってくれてそれを農家に伝えて
みんなで幸せになってしまう感覚のまんなかにいるって

たのしかったんですけど


もうブガイシャですし

ちぇ



水曜締切の野菜セットやお米やお茶や紅茶は
錦自然農園フルーツストア


関連記事
スポンサーサイト