FC2ブログ

2018年の桃の収穫が今週で終わりそうです

昨日メルマガでもお知らせさせていただきましたが、
今季の桃の収穫が今週で終わりそうです。
日曜までするかもしれませんが、数は一日数箱レベルだと思います。


今年は収穫にも発送にも、ツマはまったく関与しなかった初めての夏でした。
最多忙期はスタッフに手伝ってもらったけれど、ほとんどはおっとがひとりでやりました。

受注メールを出すのも、発送メールを出すのも、お問い合わせにお返事を出すのも彼が。
すごいなあ、よくできるなあ、といいながら、見ているだけのツマでした。

「今年はどれくらい送れない人が出た?」とおっとに聞きましたら

「うん? ほとんどおらん」

「うそ! ほんとに?」

「ま、5人くらいかな」

「すごいじゃん・・・・(感動している)」

毎年桃のご注文は6月末に打ち切っているにも関わらず、
ものすごくたくさんの「ご注文を受けながら、お送りできない」人がでてしまいます。
今年はご注文を止めるのを忘れてしまい、7月の数日受けてしまいましたが。


それがたったの5人とは。
ほんとにすごいなあと、私はその後しばらく黙り込んでしまうくらい感動していました。


ご注文を受けながら、お送りできない、というのは、
こちらにとってはものすごいストレスです。
だってすごく長くお待たせして、あげく送れないと聞かされるのがどんなに不愉快かは、十分に想像できますから。

だから私は自分があとで、「おくれませんでした、ごめんなさあい!!」とメールを送るのがいやさに、
「早く注文を止めようよ」と6月の半ばくらいから、そわそわしぱなしです。

こういうときに性格の違いが出ますね。
オットは必ず、「まだ大丈夫!」と言い張ります。
これは男女差かもしれません。

その時期(6月)というのは、収穫が絶好調の時期。
今年はいけるぞ、高温障害や台風通過など、悪いことなんかこの先起こるかあ!
っていうイケイケのメンタリティが
「早めに注文とめましょう」という弱気なツマの声を吹き飛ばすのです。

だがしかし、結果はつねにやっぱりどうしても、ツマの不吉な予告どおり

受けた注文数>実際に送った数


だけど今年は5人なのね・・・・畑の好調さはほんものだったのだわ
おっとは私のいうとおり、少しだけ送る桃のセレクトのしばりを弱めてくれたのだわ


ところがです。
話を聞いたあと、家に帰ってみたら、5人なんてとんでもない。
その何倍もの人に、やっぱり例年どおり、たっくさんの人にメールを出さないといけないことが判明。


いいようにしか考えない
悪い想像はしない
というおっとによって
私は午後の数時間、いい気持ちでいられたので感謝したほうがいいのかもです。


毎年そうなのですが山育ちの桃(ワケアリ品のこと)は、
7月を最後に、どんどん数が少なくなり、
8月に入ると一日に1箱がやっとできる、という少なさになります。

なぜワケアリ品が一日1箱しかでないのか?

驚かれるかもしれませんが、ワケアリ品といっても、
発送するものを決める際の選別で、「おいしくない」とわかるものは入れない

というおっとの中に強力な線引きがあります。
それと、「今はいいけれど、二日後には中の茶色がもっとひどくなる」
というのもはずします。
このふたつのおかげで、
収穫までこぎつけても、発送するのはその半数しかなく、
ほとんどすべてが捨てるか自家消費になってしまうわけです。

中が茶色くなるのも、この時期の桃にとっては、完全にゼロにすることはできないものですから
ある程度のものはお送りしています。
茶色くても味は損なわないという考えからそうしています。

山育ちの桃をご注文された方が、もっともたくさんお送りできない結果になりました。
申し訳ないです。

うちの桃は、6月がいちばん量も味も安定していますので、
ご注文はどうぞ、5月にしていただければありがたく存じます。

来年もどうぞよろしくお願いします!!



ぶどう、栗、お米、お茶、コチュジャンのご注文は

錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト