FC2ブログ

さくらももこさんのこと

乳がんで亡くなられたというニュースを聞きました。
どすん、と音がするようなショックでした。
年齢が一緒なのがショックに輪をかけました。
(学年は私が上です)

彼女の漫画はアニメでしか存じ上げないのですが、エッセーはいくつか読んでいます。
その内容から察すると彼女も私と同様、自然療法でがんに対応しようとしたかもしれないと思いました。
尿療法など自然療法への果敢なチャレンジもされているようだったから・・・・。

このごろ私がこういうブログを書いているせいでしょうか。
がん患者でかなり重篤なところにきているのに、病院治療を拒否している人の家族や友人からの
「困っている」話を伝えられることが増えています。

そういう話を聞くと、とても心が痛みます。
なんとか説得して、病院に行くようにしてあげて、と思います。

自分の決めたチャレンジをやりぬくことが、病気を治すことより重要なことになってしまうと、
自然療法から病院治療に進路変更することは、「負け」に思えて、
苦しくても方向を変えられない心持ちになってしまうの、わかります。

私の周囲では、男性にこのような方が多い。
仕事ができたり、自分のやりかたをまっすぐ貫いて生きることがこれまでできていた人。
だから病気も、病院や医師にでなく、自分に信をおいてがんばりぬきたいと思うのですね。


自然療法やがんを自分で治すことを推奨する人たちのネット情報は
がん患者以外の人の、病気じゃないからいえる無責任な声にあふれていて、
孤独な闘いをしている彼らを追い詰める。


もしわたしが3ヶ月前の5月に主治医に出会ってなかったら
抗がん剤をはじめてなかったら、
今頃、死んでいた可能性も大いにある。
さくらさんのニュースで受けたショックは、
私も歩き方が一歩違ったら、同じ運命だった、
と思ったところからきています。


自然療法をやることも、推奨することも個人の勝手ですが
病院の治療を受けるのが、もの知らずであわれである、というような書き方をしている
販売サイトの運営者は、その言葉を消してほしいです。


病気のひとやその家族が、わらにもすがる思いで、その商品を買い、
「調子が悪くなった」といえば、
「もうすこし我慢してください。好転反応です」というのもやめてください。
グルのかわりに、グルのファンたちが先に言うケースが多いのかもしれませんが。


こうした販売方法、
つまり、先生(あるいグル)づらをして(ことばが悪いですがそうとしかいえない)
病院治療を否定することをベースにした身体論・健康論をかたったり
ネットからかき集めた最新情報とは名ばかりのエビデンスの薄いラット実験レベルの珍説をかたったりして、
製品の購入へいざなう販売方法を取り締まる規制を、厚労省はそろそろ打ち出して欲しいものです。


「リズ&マリー」というユーチューブで有名になった二人組を知っていますか。

リズは肉や動物性油脂、砂糖を一切摂らないことで、乳がんを3ヶ月でかんかいさせた人。
姪のマリーは、そんなおばの手作りのジュースを紹介したり、インタビュー動画を公開することで、
1万人以上のファンをえていたとか。

ところがリズのがんが骨と肺に転移。
しばらくは食事療法で治そうとしたけれど、病状は悪化の一途をたどり、
放射線と抗がん剤治療を始めたものの、時すでに遅く3ヵ月後に亡くなったそうです。

この話の悲劇的なところは、
おばのリズは、転移がわかったとき、これまでの動画を消して欲しいと姪に頼んだのに、姪は削除を拒否したこと。
リズの気持ちがわかりすぎて、かわいそうでなりません。
自分と同じ轍をふまないで!
最後にそれだけは、自分を信じ応援してくれた人たちに伝えたかったのだと思う。
それができないなら、せめて削除してほしいと。

ユーチューバーとして野心に燃えているリズは削除するどころか、
おばの死は抗がん剤治療のせいだ、という声明をユーチューブにあげたそうです。


自然療法でうまくいった人が何人いても、それが誰のがんにも効くことの証明にはなりません。

予備校にいかず東京大学に受かった人がいたとしても、誰にでも同じことができるわけではないのとまったく同じです。


自然療法でがんを治せないのは、性格がねじれているせいでも、
カルマがひどいせいでもなく(そういうことを大真面目にがん患者に言う人がいるんです)

あなたのがんのタイプが自然療法に向いてないからです。

百人のがん患者がいたら、がんのタイプは百通りあります。




そろそろ栗の収穫がはじまりそうです。ぶどうと栗を同梱でご注文の方、もう少々おまちください
錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト